So-net無料ブログ作成
検索選択

我が放浪 : アルチュール・ランボー [詩]

 我が放浪 : アルチュール・ランボー



 俺は歩いた 破れたポケットに両手を突っ込んで
  外套もポケットに劣らずおあつらえ向きだった
  大空の下を俺は歩いた ミューズを道案内にして
  何たる愛の奇跡を俺は夢見たことか

  一張羅のズボンにもでっかい穴があいていた
  俺は夢見る親指小僧よろしく道々詩に韻を踏ませた
  俺様の今夜の宿は大熊座
  あちこちにきらめくは我が星座

  俺は聞き入る 道端にしゃがみ込んで
  九月のこの良き夕空に浮かぶ星たちのささやきに
  すると夜露がワインの滴となって俺の額を濡らし

  俺はいよいよ韻を踏むのに夢中になると
  膝を胸に引き寄せて竪琴のように抱え込んでは
  靴の紐を引っ張って楽器のかわりにしたのだった






Ma Boheme : par Arthur Rimbaud

  Je m'en allais, les poings dans mes poches crevees ;
  Mon paletot aussi devenait ideal ;
  J'allais sous le ciel, Muse ! et j'etais ton feal ;
  Oh ! la la ! que d'amours splendides j'ai revees !

  Mon unique culotte avait un large trou.
  - Petit-Poucet reveur, j'egrenais dans ma course
  Des rimes. Mon auberge etait a la Grande Ourse.
  - Mes etoiles au ciel avaient un doux frou-frou

  Et je les ecoutais, assis au bord des routes,
  Ces bons soirs de septembre ou je sentais des gouttes
  De rosee a mon front, comme un vin de vigueur ;

  Ou, rimant au milieu des ombres fantastiques,
  Comme des lyres, je tirais les elastiques
  De mes souliers blesses, un pied pres de mon coeur !




1870年8月、15歳のランボーは家を出てパリに向かった。
自分の体を売って得た僅かの金で、隣駅のモーオンまで切符を買い、
そのまま無賃乗車をしてパリ駅までたどり着いたのだ

しかし、パリに着いたランボーは無賃乗車のほかに、スパイの嫌疑を
受けてマザスの監獄にぶち込まれてしまった。

前の月に普仏戦争が勃発し、プロシャ国境に近い町シャルルヴィルから
やってきた不審な少年はプロシャのスパイと疑われたのである

「我が放浪」は、この最初の放浪を詠んだものだと思われる。

nice!(7)  コメント(1) 

nice! 7

コメント 1

symplexus

1871年までの4回の家出の始まりとなるこの第1回目の家出ですが,
持ち前の放浪癖に加えて自作詩の公表という意図も有ったのでしょうか?本を売り払ってパリへの旅費にした,その旅費では運賃不足という
ことで逮捕というのはいかにも若いランボーらしいミスですね.

by symplexus (2016-02-21 18:38) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。